FC2ブログ

香りの効用

2019-09-01

香りの効用が少しずつ検証されてきています。


認知症をはじめとする神経疾患にも効果がある


というのも数年前にテレビで放送されました。


認知症を発症する何年も前から


においがわからなくなってしまうという事も


よく知られるようになりました。


嗅覚という器官は、脳の中にあるから


においを感じ取れなくなるという事は


何かしら脳内で異常が発生している


というサインだと受け取ることもできますね。


ではどうすれば良いのか?


たくさん香りを嗅いで嗅覚器官を刺激します。


脳細胞は死滅すると再生しない、なんて言われますが


嗅覚細胞は約30日くらいで生まれ変わり


新陳代謝しています。


認知症などの神経疾患が発生するまでには


十分に対策をとる時間があります。


認知症の原因は、いろいろとあるようですが


香り刺激を積極的に受けるというのも


ひとつの予防手段であると知っておかれると良いでしょう。


痛みもともなわず、時間も要しない。


好きな香りをただ嗅げばよい。


そんな心地よさや手軽さも


アロマテラピーの利点なのです。^^

コメントの投稿

非公開コメント

アロマテラピーのエキスパートを養成する学校
salon

香りとやさしいタッチングが織り成す極上のリラクゼーション”アロマトリートメント”を習得しませんか?

お問い合わせ

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
目的別実践コース

アロマを楽しむホームケアから医療・介護などに幅広く役立つ実践アロマセラピーコースあります

salon
Facebook